ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用

ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用

ビジネスに必要な知識について掲載しています。ビジネスマナーや資格、ビジネス用語、最新のビジネス情報についてわかりやすく説明しています。

ビジネス口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

ビジネスのことどれくらいご存知ですか

ビジネススクールについて

最近では日本の大学でもビジネススクールを設けるところが増えてきました。経営学の基礎を学ぶのはもちろんのこと、ビジネスの現場において役立つことを実践で学ぶために通う人が増えています。また将来は会社を経営するのを目標にしている人にとっても、ビジネススクールにおいて経営学の応用を学ぶ場として人気を集めています。中でも特に30代の男性が多く、これから先の社会で役立つスキルを身に着けるために仕事と両立しながら学んでいる人がほとんどです。

ビジネススクールの受講料はスクールによっても様々ですが、大抵は一科目ごとに受講料が設定されており、入学金も別途必要であるケースが多くなっています。相場は一科目当たり15万円ほど、入学金が2万円から3万円です。一度入学する前に資料請求をして下調べをするなど、インターネットでカリキュラムを公開しているところも多いのでチェックすると良いですね。スクールによっては無料体験を行っているところもありますから利用してみましょう。

ビジネスマナーを活用しよう

ビジネスマナーはオフィスだけでなく、普段の生活においても身に着けておくととても役に立つマナーの一つです。特に結婚するとご主人の会社の上司に挨拶する機会もあったり、挨拶状を出さなくてはならない場面にも遭遇します。ビジネスマナーには電話応対をはじめいくつかのマナーがありますが、どれも基本的なポイントを覚えておけば応用が出来ます。電話応対では当たり前の事ながら、自らの社員は呼び捨てにします。ところが“さん”づけにしてしまう人が案外目立ちます。また電話に出るのが遅くなってしまった場合には“お待たせしました”と一言お詫びをするのも最低限のマナーです。接客をする時には位が上である人を上座に招待するというのもビジネスマナーですが、家族や親戚が集まった時にも応用出来るマナーの一つです。社会人であれば一通り学んだはずですが、実際に使っていないと忘れてしまっていることもあるものです。一人の大人として恥ずかしくないよう、今一度ビジネスマナーについて見直しておくことも大切ですね。

ビジネス実務法務検定について

ビジネス実務法務検定とは東京商工会議所が主催する検定であり、毎年7月と12月に実施しています。試験の内容はビジネス実務法務の基礎的な法律知識から、高度な判断や対応まで3級、2級、1級の三段階に分けて行われています。受験資格については3級と2級では特に設けておらず、1級においては2級の合格者のみが受験できるシステムとなっています。受験料については、3級:4,200円、2級:6,300円、1級:10,500円です。ビジネス実務法務検定に合格するには、まず民法と商法について学ぶ必要があります。最近では各企業においてもビジネス実務法務検定の資格の有無には注目を集めており、就職においても2級以上は有利な資格の一つになっています。宅建や行政書士の勉強をしている人にとっては、平行して行える内容でもあります。テキストを使えば独学でも努力すれば取得できる資格の一つですので、スキルアップのためにもおすすめの検定試験です。

ビジネスモデルって何だろう

ビジネスモデルとは簡単に言うと企業における事業活動の内容のことであり、“儲けを出すための仕組み”のことを言います。つまり流通を例えにすれば、利益を出すためにはどれくらいの価格で顧客に品物を提供すれば良いのかということです。企業において様々なビジネスモデルがありますが、これを日々革新していくことで経営を安定させ、更には向上に繋げていくのです。最近ではビジネススクールにおいても、各社に共通するビジネスモデルを学び、経営の準備に備えている若者が増えています。この不景気な時代でも生き残れる企業を担うには、ビジネスモデルの土台をしっかりと作り上げるのが先手と言えます。特にインターネットを使ったビジネスが増える中、コンピューターをはじめとするこのような情報システムを使ったビジネスのアイデアを、“ビジネスモデル特許”とすることを目的としている人が増えているのです。それは特許と認定されれば他社との競争にも有利な上、存在感がアップして企業のアピールにも繋がるからなのです。

ビジネスホンの利点と注意点について

ビジネスホンとは一般家庭の電話機とは異なり、オフィスなどの企業において回線を効率良く使った電話システムの総称を言います。一般家庭では、電話機の台数と同じ数の回線が必要になります。しかしビジネスホンであれば、電話機の数よりも少ない回線で通話が可能であるため、大幅なコストの削減に繋がるのです。また大規模な企業であればあるほど内線通話の利用率が高いことや、一つの代表電話番号で複数の着信を受信する機会が多く、これがビジネスホンを設置するメリットになっています。たとえ小さなオフィスであっても、複数台設置するのであれば利用する価値はあります。但し気をつけたいのは、中古の電話機でビジネスホンの契約を求める営業が増えていることです。悪質な場合には商品の保障もない上に、老朽が原因で直ぐに故障してしまうケースもあるので注意が必要です。特に製造から5年以上経過しているものは控えた方が良いですね。またリース契約は購入するよりもリース料で総額が高くなる場合が多いのでよく検討しましょう。

ビジネスの知識 新着情報

読みやすいメールはビジネスマナーの基本

メールにもビジネスマナーがあります。通常の、友達や家族と連絡を取り合うメールとは異なり、ビジネスマナーとしては、表現方法は画一したほうが望ましいでしょう。 より正確な情報を、より簡潔に伝えられるのが、


ビジネスメールを正しく使っていますか

メールのビジネスマナーについてご紹介します。メールのビジネスマナーは、メールでのコンタクト自体が頻繁になったのが最近の出来事ですから、歴史もそれほど古いものではありません。メールでのビジネスマナーは、


職場でのビジネスマナー・同僚に対しての言葉づかい

親しき仲にも礼儀あり、という言葉があります。上司や顧客とは違って、同僚であれば色々なことを相談することができたり、楽しく話をすることができたりするかもしれません。ただ、同僚でも仕事中は礼儀をわきまえ


正しい言葉づかいは最低限のビジネスマナー

スムーズに取引や商談を進めていく上で、正しい言葉づかいをすることは最低限のビジネスマナーだと言えます。ビジネスマナーについて言えば他にも、メールや名刺交換など色々な項目がありますが、言葉づかいは第一


手紙とはがきどちらにする?手紙のビジネスマナー

パソコンの普及により、ビジネスにおいても、Eメールによるやり取りもかなり増えてきました。しかし、ビジネスマナーにおいて、手紙や封筒の宛名の書き方の重要性が薄れたわけではありません。むしろ、ビジネスマ


お気に入り登録

人気のビジネス用品

2014年版 石原5年ダイアリー

メモ感覚で書き込めるダイアリー!IDパスワード控え、冠婚葬祭記録、キーワード欄、出納帳、印紙税一覧表、日本地図、年齢早見表といった定番の機能も網羅

高級牛革のビジネスバッグ

革の質感が良く、つくりもしっかり!ダイヤルロックが付いているので安心ですく

Copyright 2009-2015ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用 All Rights Reserved.